今朝はまた一週間ぶりに「アルスラーン戦記」と「長門有希ちゃんの消失」を観た。

このうち、「長門~」に関しては先日、記事「長門有希ちゃんの顕現」で少し触れたが、今日は「アルスラーン~」の方に触れる。 
こちらは、田中芳樹×荒川弘の奇跡のコラボなどと銘打っているようだが、良くも悪くもウェルメイドなパッケージ作品という印象だ。レアな筆致とか、作者陣の息遣い、情念のようなものは、あまり感じさせない。そういう意味では、視聴した感触は、「Fate/stay night [UBW]」 に近い感じだ。まぁ、よく言えばプロの作品という感触を感じさせる、と言ったところか…。

今回は、そんなところです。