まず、先日も述べた事だが、「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意 」は、各種ツールを使った効率的なブログ執筆術やアフィリエイト広告の使いこなしなどが中盤以降の主な内容となっている。
思うに、中級者以上の段階に差し掛かれば自ずと手が効率化ツールを求めるものだと思うので、その時に、ブログの効率的な運営を求めて、またこの本を読み返してみるのは良さそうではある。だが、今はまだ私は、手がブラウザの編集画面を物足りないと感じる段階に達していない。

また、アフィリエイト広告が効果的に成立するほどのアクセス数も当面はない。(まぁ、アフィリエイトは設定してるが…。)

それゆえ、この本はどちらかというとブログ上級者向けだと思う。少なくともブログ入門者の私には当面あまり役には立たなかった。

一方、「プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意 」の方は様子が異なる。冒頭から、ネタ探しの方法、書き方における基本や心構え、記事ごとの切り分け方やカテゴリの使い方、記事相互間のリンクの貼り方、埋め込むべきタグの紹介など、初級者にとっても目の前にある、ブログの具体的な記事それ自体に即した内容である。
実際、私はこの本を読んで、早速、これまでに書いた記事に大量の<strong>タグを埋め込んでみた。

そういう意味で初級者向け、というか、上級者が読んでも参考になるが初級者が読んでも参考になる内容で、この本は今の私にも役に立った。

また、やや上級者向けの内容では、アクセス解析の仕方や、そのブログ運営へのフィードバックの方法等にも触れられており、初級者でも興味が持てる内容と思う。
同じ著者の連作としては前者が初回作であるが、どちらかというと、こちら「プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意 」がパートワンの方が、ふさわしような気がした。

なお、同様の内容は、私の読書感想ブログ「真予定調和共和国」にもアップしているので、そちらも併せてご覧頂きたい。