「たまゆら~卒業写真~第2部 響―ひびき―」、観た。

のりえは、兄から自分の作るスイーツを酷評された事を契機に、「スイーツ封印宣言」をしてしまう。そこで、楓、かおる、麻音の3人は、来合わせたかなえ先輩と一緒に、「のりえのスイーツ食べ納め会」を開く事をのりえに提案した。開催されたこの会で振る舞ったスイーツが好評を博したのをきっかけに、のりえは再びスイーツの道を目指すと宣言し、やって来た兄ものりえに暴言を謝罪して今後も彼女のスイーツを応援して行く事を誓った。一方、お好み焼き店の店主のほぼろさんは、楓たち4人に結婚の予定であると公表し、結婚式の演出を手伝って欲しいと彼女たちに依頼。これ引き受けることにした時、進路について悩んでいたかおるは、撮影担当である日の丸写真館のマエストロと共に結婚式を仕切る仕事をしていたウエディングプランナーの中山さんの仕事ぶりを目の当たりにして触発され、ウエディングプランナーを目指そうと考え始めた。そしてほぼろさんからは、結婚の相手が楓たちの学校の教師である堂郷先生であることが明かされた。

WS000000
ある朝の登校時、のりえは突然「スイーツ封印宣言」を行ってしまう。

WS000001
「封印宣言」のきっかけは、兄がのりえのスイーツを酷評した事だった。

WS000003
楓たちは一計を案じ、「のりえのスイーツ食べ納め会」の開催をのりえに提案。

WS000005
会は開催され、のりえのスイーツは好評を博す。

WS000006
さよみに促され「食べ納め会」の会場内へ誘われた兄は、のりえに謝罪。

WS000008
木に登って下校風景を撮影中の巧美とすずね。下にトレパンを穿いている所が現実的…。

WS000009
ほぼろさんが結婚の予定を公表。のりえたちは騒き立てる。

WS000010
結婚式で集合写真を撮影するマエストロと、ウエディングプランナーの中山さん。

WS000011
中山さんと話し、その仕事ぶりに触発されたかおる。

WS000012
ほぼろさんから、結婚相手が堂郷先生であることが明かされる。