前半は、ひなたの境遇について高校の例の先生に相談した零、色々諫められるが、適切なアドバイスも貰う。後半は、新人王トーナメントの決勝で当たるという大言壮語にも拘わらず敗れた二海堂を訝しむ零は、島田さんたちが二海堂が当分入院だという立ち話をしているのを聞いてしまい、二海堂の病気が思ったよりずっと深刻なものだと聞かせてもらう。