旧予定調和共和国 (長野 郁のブログ01―日々是翻訳―)

私こと翻訳者・長野 郁 の日常生活を綴った日記ブログです。仕事の翻訳や、趣味のアニメ、鉄道、カメラなどについて気ままに語ります。なお、タイトルの「予定調和共和国」には、私の、色々な問題やトラブルが予定調和ででもあるかのように丸く収まればいいのになぁ、という願望が込められています。

同人誌

出展告知(そうさく畑FINAL)

出展告知(そうさく畑FINAL)。

きたる2016年11月6日(日)、サークル「予定調和共和国」は、神戸・三宮の神戸国際展示場3号館で開催される同人誌即売会・「そうさく畑FINAL」に出展することが決定いたしました。スペースNo.は「3丁目12番地」です。当日は、「COMITIA118」に引き続き、既に とらのあな 及び BOOTH にて通信販売取り扱い中の同人誌である、小説:「操重王ドジャイデン」、マンガ:「アルミの箱と鉄の箱」、イラスト集:「て・ん・き・あ・め」、の3種類を頒布の予定です。当日は、特に首都圏開催の「COMITIA118」には遠隔の為に参加頂けなかった西日本在住の方々のご参加を中心にお待ち申し上げておりますので、差し支えなければぜひご来場いただき、本をお手に取っていただけますようお願い申し上げる次第です。

そうさく畑FINALのHOME

開封→決着

まだどうも誤解というか、理解が及んでいないようなんだが、どうもメディアを始め多数派の人々は「決着→(全て落ち着いてから最後に)開封」という順序を望んでいるようなのだが、私は、政治力学的闘争の決着よりも、事態の正常化(開封)の方が優先順位が高いと思っているので、「(先に)開封→(後で)決着」という順番に事態が帰結するように行動します。要するに、コトが落着せず「生き物」というか「ナマモノ」である内に「開封」はやってしまう、というコト。同人誌即売会に出展するのもその一環と言うか、その手始め。これによって、無視できないコピー数をバラ撒いてしまう事で、「郁くんが『存在する』」という既成事実をせっせと作る。更に言うなら、私としては、この即売会で売れた何冊かの内の一冊が、どこかへ(有名人、無名人を問わず)第三者の手によってタレこまれて特定の局所的界隈で問題化、その場で炎上、というシナリオでも一向に構わないわけで…。ただ、そうだとしても、主にメディア関係者が「我々は、あくまでも最後まで竦み合って見せるぞ!」とあえて決断するというのは、もしそうするのならご自由に、と言うしかないんだが…。

なるほどなるたん

なるほど、ふむふむぬくぬく、ターゲティング広告によれば、自費出版でISBNコードのある本を書店ルートに出すなら風詠社かリーブル出版、と…。メモしとこう。まぁ、今は「世の風」を皮膚感覚で感じたいので、まずは、ISBNの無い同人誌で即売会に出ることが当面の最初の目標であることには変わりがないが…。

さて(本の宣伝)

さて、今友人その1から電話があって、1時間以上も話し込んでしまったが、彼にプレゼントした同人誌3冊セットについて、彼は、マンガは最後まで読んだが、小説は50ページぐらいまで読んだ所で止まっているという。そこで、まぁ騙されたと思て半分以上読んでみろと言っておいた。彼には当の本の売り子もして貰うので、読んでおいて損はあるまい…。まぁ、既に「バクネミクの由来」を公開してしまって、少なくとも当方の発言に関する限り「禁則事項」も無くなってしまったので(読んだ相手が「その発言が聞こえた」と言うかどうかは別だが)、宣伝を兼ねて言ってしまうと、この小説、ある意味、二重に、実に困ったというか、ベラボウな代物である。その辺、今なら「世間一般が見ている世界のレベル」というものが想定できるようになって来たので、大分事情が呑み込めてきたが…。まぁ、第一に、単純に内容だけ取り出しても、既にある種「バトルロワイヤル超級」というか、そういう事態になっており、始末に困る代物なのに、よりによってそれが、あの「アイツ」から届いてしまったのである。「バトルロワイヤル」は、出来不出来とは別の「ヤバすぎる」という理由で、編集者界隈で噂だけが独り歩きしたのに当初の出版社では落選になったと云うが、まぁ、この「ドジャイデン」を巡る事情を知らない人には、そういう事態の拡大版と思って貰えればいい。まぁ、何が言いたいのかというと、この惹句が何を言っているのか判らないが興味を惹かれた人は、是非 とらのあな で今すぐ購入するか、即売会で手に取ってみて欲しいという事だ。事情が呑み込めている人は、「やれやれ、やっと本腰を入れて宣伝する気になったか…。」と呆れてくれてもいいし、あるいは何を言っているのか全く見当がつかない人は、単にスルーしてくれて構わないが…。兎に角、お読みになれば、金額以上のある種の(!)満足感(!!)で開いた口が閉口する事、請け合いである…。まぁ、触りだけ言っておくと、常識的な推論だけを積み重ねることによって(まぁ、前提が常識的かどうかはまた別なのだが)、到底常識では推し量れない世界に突入するというか…。まぁ、一応「常識」ベースで解説しておくと、翼の左右が無言絶句したり自称「良識派」が真っ青になったりするという、そういう内容なんで…。兎に角、本を手許に常備しとくだけでも、それなりの価値はあるよ…!(割と本気。)

とらのあな 操重王ドジャイデン販売ページ

出展告知(COMITIA118)

出展告知(COMITIA118)

きたる2016年10月23日(日)、サークル「予定調和共和国」は、有明の東京ビッグサイトで開催される同人誌即売会・「COMITIA118」に出展することが決定いたしました。当日は、既に とらのあな 及び BOOTH にて取り扱い中・取り扱い予定の同人誌・小説「操重王ドジャイデン」、マンガ「アルミの箱と鉄の箱」、イラスト集「て・ん・き・あ・め」の3種類を頒布の予定です。私にとっては、ご来場の方に直接本を頒布する初の機会となりますので、差し支えなければぜひご来場いただき、本をお手に取っていただけますようお願い申し上げる次第です。

コミティアのサイト

せんでん…!

とくにこれ、「操重王ドジャイデン」を重点的に宣伝…。

「操重王ドジャイデン」の とらのあな 通販ページ

買った買った

まぁ、竦み合ってないで早く買った買った…。

長野 郁の同人誌通販サイト

通販ホームページ

同人誌通販の専用ホームページを作成した。これでごちゃごちゃ感が無くなり、大幅に買い易くなったはず。さぁ、買ってくださいねー…。

長野 郁の同人誌通販サイト

メロンブックスには

メロンブックスには

そうそう、一昨日、メロンブックスから見本誌が返送されてきて、「弊社では取り扱いできません」との回答、委託販売は却下されてしまった。この結果、当面は とら とBOOTHのみで販売を扱う格好になるが、 同人誌流通に関しては、とら とメロン の両雄以外にもISBNコードのない同人誌を扱ってくれる流通業者は幾つかあるようなので、いろいろ販路は検討してみよう…。まぁでも、目玉は即売会だな…。

再度同人誌の宣伝告知

再度同人誌の宣伝告知。

私の同人誌が発売中です。
とらのあな にて

●小説:操重王ドジャイデン
●マンガ:アルミの箱と鉄の箱

の二種類が発売中。

pixivのBOOTHでは、これに加えて
●イラスト集:て・ん・き・あ・め
も発売予定。
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
なごみ系ダメ人間です。アニメ、鉄道、カメラなどが好き。絵を描くのも好き、「長野 郁」名義でpixivもやってます! 職業は一応、駆け出しの翻訳者。 告知: pixivのBOOTH にて マンガ「アルミの箱と鉄の箱」、 小説「操重王ドジャイデン」、イラスト集:「て・ん・き・あ・め」、発売中。
プロフィール

長野 郁

ギャラリー
  • お気に入りの曲を貼るコーナー~☆
  • お気に入りの曲を貼るコーナー~☆
  • 一昨作作作作作日の日記事項~☆
  • 一昨作作作作作日の日記事項~☆
  • 一昨作作作作作日の日記事項~☆
  • 一昨作作作作作作日の日記事項~☆
  • 一昨作作作作作作日の日記事項~☆
  • 昨日の日記事項~☆
  • 昨日の日記事項~☆
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
同人誌販売のお知らせ
pixivのBOOTHにて、
●マンガ:「アルミの箱と鉄の箱」
発売中。少部数なので、ご購入を希望される方はお早目に…。
下に、購入ページへ飛べるリンクを設置しています。

BOOTH 内 長野 郁の同人誌通販サイト
訳書販売のお知らせ
私の訳書は青土社より刊行。

「カニの不思議」、好評発売中!


「元サルの物語 ―科学は人類の進化をいかに考えてきたのか―」も、好評発売中!

「人類のやっかいな遺産」及び「元サルの物語 科学は人類の進化をいかに考えてきたのか」に関する論評
記事検索
最新トラックバック